名誉会長 挨拶


同窓会ホームページ開設に寄せて

 

          名誉会長  豊 田 文 秀 (母校校長)


 このたび本巣松陽高校の同窓会が独自のホームページを開設されましたことに対し心からお祝い申し上げます。今までは本巣松陽高校のホームページの一部であった同窓会のページが独立して、さらに大きく羽ばたこうとしています。

さて、私たちが大切にしている同窓会はどのような組織なのでしょうか。会則によれば同総会は、同窓生の親睦の場です。また、同窓会は同窓生の力を結集させて、母校の発展に貢献することを目的とする組織です。私は、同総会がこれらの活動をすることで、さらに、地域の人々が幸せになれるのではないかと思っています。

 もう少し説明すると、私は校長として本校を「地域の中で存在感ある(選択される、頼りにされる)学校にしたい」と考えています。そのためには、地域の発展に貢献できるような人材を育成していかなければなりません。本校がそのような人材を育成することで、地域の発展に寄与し、人々を幸せしていくことができると信じているからです。本巣松陽高校は地域と共にあり、そして多くの同窓生の皆さんに支えられて本校があります。だから、同窓会は、母校がさらに元気になって地域に貢献し、人々が幸せになれるよう支援していくことができる組織だと考えているのです。

 同窓会長様をはじめ、同窓生の多くの方々がボランティアで同窓会活動を一生懸命やっておられる姿を日々見ておりますと、正直なところなぜそんなに頑張れるのだろうと思うこともあります。しかし、同窓生の皆さんは同窓会活動を通して母校の発展に貢献することはもちろんですが、それだけではなく自分を育ててくれた母校やふるさとに何か恩返しをしたい、そして一人でも多く方々に幸せになってほしいと思っておられるのではないか。だから頑張れるのではないかと感じています。

 その同窓会が、今年度大きく動き始めました。創立100周年に向けて準備委員会が立ち上がり、来年度は実行委員会が立ち上がります。同窓会のホームページの開設が、学校と同窓生と地域をつなぐ架け橋になることを期待しています。


平成27年12月1日